膝の痛み対策PREVENTION FOR KNEE

代表的な症例

中高年の方に起こりやすい症例と、そのメカニズムについて解説です。

関節リウマチ

症例概要(症状・リスク)
  • 両側の手首・足首や手指・足趾の関節が腫れて痛み、朝起きた時にこわばりを感じるのが典型的な発症症状です。対称性に起こる手・足の関節炎がこの病気の特徴ですが、膝・肘・股関節などの大きな関節にも広がり、進行すると痛みや変形のために日常生活に支障をきたすようになります。従って、発症早期に診断し、適切な治療を開始することが大切です。
    どの年代でも起こりますが、特に20歳代から50歳代に多く発症します。病変が手や足にとどまる軽症型から全身の関節に広がる重症型まで症状は多彩です。自己免疫疾患に分類される病気ですから、関節炎の他に微熱、全身倦怠感、貧血などの全身症状を伴うことがあります。
  • 治療・ケアについて

    [保存療法]

    関節リウマチ治療の主体は内服薬による治療法です。近年内服薬による関節リウマチの治療成績は飛躍的に高まり、多くの患者さんが満足のいく効果を実感されています。疾患の進行を抑制する抗リウマチ薬、免疫抑制薬、生物学的製剤、炎症を抑える非ステロイド性抗炎症薬、副腎皮質ステロイドが用いられています。
    この病気は進行性に関節を破壊して重篤な機能障害を引き起こし、生命予後にも影響を及ぼすことが明らかになっています。従って、診断がついたら早期から積極的な治療を行うという考えが主流になっています。
    適度な運動やリハビリテーションにより筋力を獲得し、関節可動域を維持することも重要です。
    また温熱療法などによって関節痛を緩和する方法や、関節を保護して動きを改善する装具療法があります。

    [手術療法]

    腱の断裂や脊髄の圧迫は、手術による治療が適用されます。関節破壊による膝・股・肩・指関節の変形を伴い機能的に障害が生じている場合には、人工関節置換術が積極的に行われ、良好な成績が得られています。